下呂温泉の紅葉

飛騨川の流域に湧く下呂エステは、儒学方林羅山により有馬エステ、草津エステという並ぶ「国内三言い方泉」のひとつと称された天下の名泉だ。

その従前、薬師如来が傷ついた最初羽の白鷺に陰を変え、出所のありかを村人に話したという白鷺神話が伝えられています。
こういう白鷺伝説の薬師如来が祀られた寺が温泉寺で、毎年秋には、紅葉イルミネーションが行われ、みんなでにぎわいます。
173段の階級を登り切り、見上げれば瓦葺の境内や渡り廊下といった重なって、枝を張ったモミジが眩しい姿を見せます。

温泉寺の秋の紅葉イルミネーションにわたり中間は、15自身まで取り入れる「もみじ足湯」が登場し、イルミネーションされて夜空に鮮やかに浮上がる紅葉を眺めながらの足湯を楽しむことができます。

日々ですと、紅葉の色づき始めは10月下旬~11月上旬ごろで、見頃の季節は11月中旬~11月下旬だ。

また、エステストリートの東、弘法山のなだらかな丘陵要所には下呂エステ合掌村があり、世界遺産となった飛騨白川郷の合掌家屋を10棟ほど移設した合掌家屋集落があります。
村未満は「合掌のいなか」という「歳時記の森」の2つのゾーンで構成されてあり、それぞれに飛騨のやりくり俗習や日本の四季を感じることができます。

合掌村の紅葉は11月初旬に色づき取りかかり、赤やイエローに色づいたかえでなどを眺めることができます。

電車で診察の側は、JR下呂駅舎からエステ局面まで足約15パイ、下呂エステ合掌村まで足約20パイだ。
自動車で診察の側は、中間往来中津川ICから国道257号・41号経路約1タイミング、東海環状往来美濃加茂ICから国道41号経路約1タイミング20パイだ。ソフトバンク乗り換えキャンペーン実施中!!